【補助金】令和4年度阿波市がんばる企業応援事業の実施について

公開日 2022年04月01日

 

 阿波市における地域経済の健全な発展と市民生活の向上を図ることを目的として、自らの成長に積極的に取り組む市内中小企業者等を支援する

「阿波市がんばる企業応援事業」を実施いたします。

 「阿波市がんばる企業応援事業補助金」は、経営革新、販路開拓、人材確保、創業、事業承継など、様々な事業を対象に補助金の交付を行います。

 本補助金のご活用をご希望される方は、必ず事前に商工観光課までご相談ください。

 

申請の流れ

  阿波市がんばる企業応援事業補助金交付要綱[PDF:257KB]

 

 事前相談後、所定の交付申請書、事業計画書、収支予算書、経費内訳書、誓約書兼同意書の必要事項にご記入いただき、補助対象事業の概要がわかる書類、

補助対象経費に係る見積書の写しなどを添えて、商工観光課へご提出ください。

 

受付期間

 申請は令和4年4月1日(金)より随時受け付けいたします。

 なお、申請額が予算の範囲を超えた時点で受付を終了させていただきますので、予めご了承ください。

 

注意事項

 (1)同一年度内に申請することができる回数は事業区分ごとに1回まで、交付を受けることができる金額は合計30万円までとさせていただきます。

 (2)補助金の交付決定前に着手している事業は対象外となりますので、必ず事業に着手する前に交付申請書を提出してください。

    年度をまたぐ事業など、例外的に事業着手後の申請を受け付ける場合がありますので、まずは商工観光課までご相談ください。

 (3)同一年度内に「伝統・挑戦・活力の阿波市農業振興事業費補助金」の交付を受けている事業などは、本補助金の対象外とさせていただきます。

 

補助金メニュー

事業区分 補助対象事業 補助対象者 補助対象経費 補助率 補助限度額

事業計画書様式

創  業

市内で創業しようとする方の

①店舗・事業所の開設

(住居部分に係る経費を除く)

②販路開拓を目的とした広告宣伝

特定創業支援等事業による

支援(阿波市商工会が開催

する創業セミナー等)を受

けた個人、中小企業者等お

よび組合等

工事費、修繕費、

不動産取引手数料、

印刷製本費、広告宣伝費、

旅費など

3分の2 30万円 事業計画書(創業)

事 業 承 継

市内で事業承継された方の

①店舗・事業所の改修

(住居部分に係る経費を除く)

②販路開拓を目的とした広告宣伝

市内で事業承継された

個人、中小企業者等および

組合等

工事費、修繕費、

各種変更登記に係る経費、

印刷製本費、広告宣伝費、

旅費など

2分の1

事業計画書(事業承継)

特定創業支援等事業による支援を受け

いる方は、補助率を「2分の1」から

「3分の2」に引き上げます。

新分野進出

現在行っている事業とは異なる新分野に

進出する取組

中小企業者等または組合等

工事費、修繕費、

各種手続に係る手数料など

20万円 事業計画書(新分野進出)

販路開拓

自社の製品、技術、サービス等の販路開拓

を目的とした

①徳島県外の展示会、見本市等出展

②徳島県外企業への訪問型営業活動

出展料、小間装飾料、

備品使用料、運搬費、

旅費など

10万円 事業計画書(販路開拓)

ウェブサイト

開  設

自社製品の販売またはPRを目的とした

①自社ウェブサイト・HPの開設

②他社ウェブサイトへの出店

③インターネット広告

委託料、独自ドメイン

取得費、ネットショッピング

モール初期登録費

および月額利用料、

インターネット広告料など

事業計画書(ウェブサイト開設)

人 材 確 保

人材確保を目的とした

①合同企業説明会への出展

②大手求人サイトへの掲載

③人材紹介事業者の活用

出展料、備品使用料、

印刷製本費、運搬費、

旅費、求人サイト掲載料、

など

事業計画書(人材確保)

人 材 育 成

人材育成を目的とした

①資格試験受験・研修受講の奨励

(普通自動車運転免許・資格の更新を除く)

②社員研修の実施

受験料、受講料、旅費、

報酬、委託料など

事業計画書(人材育成)

生産性向上

①生産性向上に直接的に寄与する設備の導入

②業務効率化を目的としたICTツールの導入

(いずれも汎用性の高い設備等の導入、

 既存設備等の更新は除く)

設備導入費、システム

構築費、技術導入費、

委託費、運搬費など

事業計画書(生産性向上)

産業財産権

取    得

産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、

商標権)の取得に係る出願

出願料、委託料など 事業計画書(産業財産権取得)

観光客誘致

観光客誘致を目的とした

①公衆無線LANネットワーク整備

②キャッシュレス決済の導入

③インバウンド対応環境の整備

工事費、機器購入費、

報酬、委託料、通訳・

翻訳料など

事業計画書(観光客誘致)
広告宣伝

自社製品PRを目的とした

①チラシ・パンフレットまたはカタログの作成

②パッケージデザインの刷新

印刷製本費、広告宣伝費、

ウェブサイト掲載料、

報酬、委託料など

5万円 事業計画書(広告宣伝)

 

 

各種様式

 (1)交付申請するときに提出するもの(必ず事業着手前に申請してください。)

      交付申請書

          ・ 事業計画書(補助金メニューより選択)

         ※事業計画書中の項目「業種(日本標準産業分類に掲げる細分類)」は、4桁の分類番号が附番されている項目を指します。(詳しくはこちら

         収支予算書

         経費内訳書

        誓約書兼同意書

 

 (2)補助事業が完了したときに提出するもの(完了後30日以内に提出してください。)

     実績報告書

         経費内訳書

         収支決算書

 

 (3)補助事業が完了し、補助金額の確定後、提出するもの

     請求書

 

 (4)補助事業を変更するとき、提出するもの【必要な方のみ】

      変更承認申請書

          ・ 事業計画書(補助金メニューより選択)

         収支予算書

         経費内訳書

 

 (5)補助事業を中止・廃止するとき提出するもの【必要な方のみ】

      中止(廃止)承認申請書

 

お問い合わせ先

 商工観光課  電 話:0883-36-8722

        FAX:0883-36-8762

        メール:shokokanko@awa.i-tokushima.jp

 

関連ワード

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課
TEL:0883-36-8722

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード