新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

公開日 2021年12月20日

 新型コロナワクチン接種を受けた証明として、希望する方へ接種証明書を交付します。接種証明書は書面及びスマートフォン上の専用アプリによる二次元コード付き接種証明書(令和3年12月20日より開始)があります。

 なお、これまでに発行された「接種済証」、「接種記録書」、「接種証明書(海外渡航用)」につきましても、引き続き接種証明書としてご利用いただけます。

 

※ワクチン接種証明書アプリについて、デジタル庁のWebページにて情報提供がされています。 【デジタル庁Webページ(外部サイト)はこちら

※海外用の証明書の利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、外務省のWebページにおいて適時情報提供予定です。  【外務省Webページ(外部サイト)はこちら

 

※令和4年8月17日より、マイナンバーカードを用いて、コンビニ(セブンイレブン)での接種証明書の発行ができるようになりました。

 なお、コンビニ発行については有料(1通120円)となりますのでご注意ください。詳細については厚生労働省のWebページをご覧ください。【厚生労働省Webページ(外部サイト)はこちら

 

【ご注意ください!】

接種証明書(電子版)の申請にはスマートフォン及びマイナンバーカードが必要となります。

※マイナンバーカードの申請についてはこちら

 

接種証明書(電子版)の取得方法

準備するもの

 ①スマートフォン 

  ※アプリの動作環境は以下のとおりです。

   ・マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)のスマートフォン

   ・iOS 13.7以上またはAndroid OS 8.0以上

 ②マイナンバーカード

  ※マイナンバーカードを取得する際に自身で設定した暗証番号(4桁の数字)も必要です

 ③新型コロナワクチン接種証明書アプリ

  ※接種証明書アプリは、12月20日からApp Store及びGoogle Playで公開される予定です。

 ④パスポート

  ※海外用の証明書が必要な場合のみ

 

証明書発行手順について

 接種証明書アプリをApp StoreまたはGoogle Playにてダウンロードし、以下の利用の流れに沿って発行してください。

 ※アプリ利用の流れはこちらをご参照ください →アプリ利用の流れ[PDF:1.44MB]

 

なお、ワクチンを接種しているにもかかわらずアプリで証明書を発行できない場合や、証明書の内容に誤りがある場合は、阿波市健康推進課(0883-36-6815)までお問い合わせください。

 

接種証明書(書面)の申請方法

申請先について

 申請先は、接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)です。

 接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。

 

【阿波市の接種券で接種をされた方】

 〒771-1695 徳島県阿波市市場町切幡字古田201番地1

 阿波市役所 健康福祉部 健康推進課

 

申請方法について

 ①窓口での申請

 

 ②郵送による申請

 

申請に必要なもの

 ①新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書

  申請書の様式はこちら[PDF:98.4KB]

 

 ②接種券番号の分かるもの(接種券のうち「予診のみ」部分など)の写し

 

 ③接種済証(医療従事者として接種をされた方は「接種記録書」)の写し

 

 ④旅券(パスポート)又はその写し(旅券番号・ローマ字氏名が確認できるページ)

  ※海外用の証明書が必要な場合のみ

  ※旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある方は、それらが確認できる書類(旧姓併記のされた運転免許証等)も併せてご持参ください。

   

  ※郵送による申請の場合は、返信用封筒(切手を貼り、返送用の住所と宛名を記入済みのもの)本人確認書類(運転免許証、保険証など)の写しも併せて送付してください。

  ※代理の方が申請する場合は、委任状委任状様式[PDF:283KB])と代理人の本人確認書類(運転免許証、保険証など)の写しが必要です。

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
TEL:0883-36-6815

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード