子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種について

公開日 2022年06月17日

 子宮頸がん予防ワクチンについては、平成25年6月14日から令和3年11月26日までの間に積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対し、公平な接種機会を確保する観点から特例措置として、令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間、キャッチアップ接種を行います。

 

令和4年度対象者 

 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性で、過去に子宮頸がんワクチンを3回接種していない方

 ★キャッチアップ接種の実施期間中に定期接種の対象から新たに外れる年代についても、順次公費(無料)接種の対象となります。

   ・令和4年度対象者:平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女性

   ・令和5年度対象者:平成9年4月2日~平成19年4月1日生まれの女性 

   ・令和6年度対象者:平成9年4月2日~平成20年4月1日生まれの女性

 

接種期間 

 令和4年4月1日から令和7年3月31日まで

 

接種回数

 合計3回

 ※ワクチンは、2価ワクチン(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)の2種類があり、原則3回すべてを同じワクチンで接種することとなっています。

 過去に接種したワクチンが不明な場合、安全性に関する大きな懸念は示されていないことから交互接種も可能となりますが、接種を行うワクチンについて医師とよく相談し、ワクチンの交互性に関する安全性、免疫性及び有効性等についても、十分な説明を受けたうえで接種の判断をしてください。

 

接種費用

 無料 (接種期間内に、阿波市の予診票を使用し接種した場合)

 ※対象者以外が接種した場合や接種期間を超えて接種した場合は、全額自己負担になります。また、委託医療機関以外での接種についても全額自己負担となりますので注意してください。

 

接種場所

 阿波市予防接種協力医療機関[PDF:58.4KB] または徳島県予防接種広域化委託契約医療機関へ直接予約をしてください。

 (やむをえない理由により、県外医療機関で接種を希望される場合は、阿波市健康推進課までお問合せください。)

 

接種に必要なもの

 ・予診票

 ・母子健康手帳(接種記録の確認・記載)

 ・身分証明書(阿波市民でなくなった場合は、阿波市の予診票は使用できません。)

 

接種方法等

 通常のHPVワクチン定期予防接種の方法と同様です。詳細については、下記のPDF等資料をご覧ください。

 令和4年度 子宮頸がん予防ワクチン接種のお知らせ(キャッチアップ接種)[PDF:219KB]

 HPVワクチンの接種を逃した方に接種の機会をご提供します[PDF:1.29MB]

   徳島県子宮頸がんワクチンに関する相談窓口

   厚労省子宮頸がんワクチンに関する相談窓口

   HPVワクチンに関するQ&A 厚労省

 

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
TEL:0883-36-6815

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード