農作物病害虫発生予察注意報(コナジラミ類)について

公開日 2021年11月08日

 

徳島県農林水産総合技術支援センター 病害虫防除所より10月下旬の巡回調査の結果、コナジラミ類の発生が過去10年間で最も高くなっていることから、注意報を発令すると発表されました。

栽培現地においては発生状況の把握に努めるとともに、適切な防除指導をお願いします。

 

 〇作物名

 トマト・ミニトマト

 〇病害虫名

  コナジラミ類(主にタバココナジラミ)

 〇発生時期

  10月下旬~

 

【防除上の注意事項】

(1)施設内への侵入を防ぐため、開口部は防虫ネット等(目合い0.4㎜以下)で覆い、外部からの侵入を防止する。

(2)高密度になると防除が困難となるため、発生初期から防除を行う。

(3)花粉交配用昆虫等の有用生物を利用している場合は、影響日数に注意して農薬を使用する。

(4)タバココナジラミは黄化葉巻病の原因であるウイルス(TYLCV)や黄化病の原因であるウイルス(ToCV)を媒介する。ウイルス病発病株は見つけ次第抜き取り、ハウス外に持ち出し適切に処分する。

(5)防除等の詳細については、徳島県植物防疫指針を参照するとともに、薬剤の使用にあたっては、必ず農薬ラベル記載事項を遵守する。

圃場における発生状況を早期に確認の上、各JA等に相談し、薬剤防除を行ってください。

 

トマト・ミニトマトのコナジラミ類に使用できる主な薬剤はこちらです。

コナジラミ類 薬剤[PDF:839KB]

お問い合わせ

産業経済部 農業振興課
TEL:0883-36-8720

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード