犬のふん害対策として「イエローチョーク作戦」をご紹介します

公開日 2021年11月01日

イエローチョーク作戦をご紹介します


イエローチョーク作戦とは

 道路などに放置された飼い犬のふんの周りを黄色いチョークで囲むことで、迷惑している人がいることを飼い主に知らせ、自主的な回収を促す活動です。


実施手順

 手順1.放置されたふんの周りを黄色のチョークで書いた丸で囲み発見した日時を書く。

 

     

 

 手順2.日時を改めて現場を再確認します。

 

     ①ふんが残っている場合 → 再確認した日時を書きます。

 

     

 

     ②ふんがない場合     → 再確認した日時および「なし」と書きます。

 

     

 

 

 ※自主的な回収を促すためにもしばらくはふんを片付けず様子を見るようにしてください。

 

 


注意事項

・黄色のチョーク以外は使用しないでください。

 

・「ふんを囲む〇」「確認した日時」「なし」以外のことは書かないようにしてください。

 

・私有地や私道で行う際は必ず管理者の許可を得てください。

 

・車両の通行や歩行者の通行の妨げとならないように行い、交通事故には十分に注意してください。


実施を希望する方へ

 実施を希望する方には環境衛生課で黄色のチョークを配布しております。

 

 環境衛生課窓口へお越しいただくか、各支所地域課窓口でご相談ください。

 

yellow_chalk[PDF:349KB]

 


犬の飼い主様へ

 犬のふん害防止については、「阿波市ポイ捨て等及び犬のふん害防止に関する条例」のなかで、

飼い主は、飼い犬が公共の場所等にふんをしたときは、直ちに回収しなければならないと定めています。

 飼い犬のふんを回収することは、飼い主の責任です。 

 

気持ちよく暮らせる快適な生活環境の保全と環境美化のために、犬を散歩させるときは、ルールとマナーを守るようご協力をお願いします。

 

 

お問い合わせ

市民部 環境衛生課
TEL:0883-36-8711

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード