阿波市学校給食センター 概要

公開日 2016年05月25日

 阿波市学校給食センターは、平成26年7月に竣工し、同年9月から学校給食の提供を開始しました。

平成27年4月からは、市内全ての小・中学校・幼稚園及び認定こども園(4・5歳児)に通う児童生徒や園児に対して統一した献立で学校給食を実施しています。

 

阿波市学校給食センター

 施設概要

  ◇所在地    阿波市市場町切幡字古田117番地1

  ◇供用開始   平成26年9月1日

 ◇構造・規模  鉄骨造 地上2階建

 ◇延床面積  2,849.37平方メートル

 ◇敷地面積  6,407.04平方メートル

 ◇調理能力  4,000食/日

 ◇フロア構成 1階 調理室・検収室・洗浄室など

          2階 研修室・見学ホールなど

 ◇その他    ドライシステムの導入・オール電化厨房等

          

  給食配送 23校(約3,500食/日)

 ◇小学校    10校 

 ◇中学校     4校 

 ◇幼稚園     6園

 ◇認定こども園  3園

 
 

地産地消の推進(Awa産Our消)

 

地産地消計画

平成25年2月に「阿波市学校給食地産地消推進計画」を策定しました。

県下有数の農業地帯である阿波市で採れた地場農産物を利用することで、児童生徒に対して、新鮮で安全・安心な給食を提供するとともに、地域の農業に対する理解を深め、生産者に対しては、生産意欲の向上等、本市農業の活性化を図っています。

学校給食センターでは、市内の4JAや市農業振興課・学校教育課で構成する「阿波市学校給食農産物供給協議会」と毎月1回担当者会を開催し、その情報を基にした献立作成を行うなど地場農産物の積極的・継続的供給に取り組んでいます。

 

 

←計画へジャンプします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 食育の推進

食育パネル展

学校給食センターでは、各学校や園、市の関係各課や徳島県と連携し、栄養教諭を中心に食育授業に積極的に取り組んでいます。

また、センターに来所していただいての調理見学や給食試食会を、児童・生徒はもとより保護者や市民を対象に行い、広く食育活動を行っています。

全国学校給食週間(1月24日~30日)には、年間を通した食育活動を紹介する「Awaキッズ食育パネル展」を開催しています。

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会 学校給食センター
TEL:0883-36-2588