阿波市木造住宅耐震化促進事業について

公開日 2024年05月01日

いつ発生してもおかしくない南海トラフ巨大地震や中央構造線・活断層地震に備え、住まいの耐震化に取り組みましょう。

阿波市では、木造住宅の耐震診断および改修工事等に対する補助事業を実施しています。

 

 

○木造住宅耐震診断支援事業

 ①耐震診断

  大規模な地震に対して、どの程度の安全性があるかを判定

  対象要件:平成12年5月31日以前に着工された木造3階建て以下の個人住宅

        (併用住宅、共同住宅、長屋、借家、空き家を含む)

  自己負担金:3,000円

  診断方法:徳島県建築士会から派遣された耐震診断員が自宅に訪問し、現地調査を行う

        後日、耐震診断員が再度訪問し、診断結果を説明

 

 ②補強計画

  改修工事の参考となる補強計画と概算費用の提示

  対象要件:耐震診断で、評点1.0未満と判定

  自己負担金:6,000円

 

 

○木造住宅耐震改修支援事業

 建物の基礎や壁の補強、劣化箇所取り替えなど本格的な改修工事の補助

 対象要件:1.平成12年5月31日以前に着工された木造住宅

        2.耐震診断による評点1.0未満を1.0以上とするための工事

        3.高さ1.5m以上の家具の固定

        4.県登録の施工者等が施工

        5.のぼり旗設置や見学会等への協力

        6.感震ブレーカーの設置

 補助金:上限110万円

 

 

○耐震シェルター設置支援事業

 耐震シェルター設置または耐震ベッド設置の補助

 対象要件:1.平成12年5月31日以前に着工された現在居住している木造住宅

        2.耐震診断による評点が1.0未満と判定されたもの

        3.高さ1.5m以上の家具の固定

        4.県登録の施工者等が施工

        5.普及促進のため啓発モニターとして協力(シェルターの場合)

 補助金:上限80万円(耐震ベッドは上限40万円)

 

 

○住まいのスマート化支援事業

 耐震と併せて最先端のリフォーム工事の補助

 対象要件:1.耐震改修支援事業または耐震シェルター設置支援事業と併せて行う

        2.情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)を活用した設備を設置するスマート化工事

         (例)見守り機能付きトイレ、見守りセンサー、スマートロック、遠隔確認機能付き宅配ボックス、地震計の設置工事等

 補助金:上限30万円

 

 

○住替え支援事業

 住替えや建替えに伴う木造住宅を除却する工事の補助

 対象要件:1.昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅

        2.耐震診断による評点が0.7未満と判定されたもの

        3.現在居住している木造住宅

        4.住宅のすべてを解体業者が除却

 補助金:上限30万円

 

 

申込期間

 令和6年5月7日(火)~11月29日(金)

 ※件数に限りがあります。(先着順)

 

 

共通事項

 ・工事請負契約および工事着工は、補助金交付決定後となります。

 ・改修等については、住宅の現状や費用、申込者の意向等により適切な工事内容が異なりますので、「徳島県木造住宅耐震改修施工者等」として登録された建築士や工務店等と相談のうえご検討ください。

 ・住替えについては、建設業法第3条第1項の許可を受けた建設業者または建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律第21条第1項の登録を受けた解体工事業者と相談のうえご検討ください。

 

様式

 木造住宅耐震化様式[DOCX:56.7KB]

 別表1~3(提出書類一覧表)[DOCX:28.4KB]

 各種確認書様式(R4改訂版)[DOCX:26.8KB]

お問い合わせ

企画総務部 危機管理局 危機管理課
TEL:0883-36-8703