【消費者情報】高額な副業サポートプランを契約させる事業者に関する注意喚起

公開日 2022年09月22日

消費者庁より情報提供

 

 消費者庁では、消費者安全法第38条第1項の規定に基づき、次の注意喚起を公表しました。 

 


 

 令和3年6月以降、「1日の作業時間10分」の簡単な作業をするだけで稼ぐことができるなどというLINEのメッセージをきっかけに、最初に副業のガイドブックを購入させられた後、電話勧誘により高額なサポートプランを契約させられたという相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。
 消費者庁が調査を行ったところ、「株式会社レイズ」及び「株式会社ゼニス」が、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び断定的判断の提供)を行っていたことを確認したため、消費者安全法(平成21年法律第50号)第38条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。

 


※同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

 

 

トラブル防止のポイント

 

 「誰でも簡単にもうけることができる」とうたった、副業に関するトラブルの相談が全国の消費生活センターに寄せられています。SNSでダイレクトメッセージ等から勧誘されたり、ネットの広告等を見た消費者が興味を持ち、副業ガイドブックを購入したところ、高額なサポートプランを契約させられたり、契約するための資金の借り入れを指示されるなどといったトラブルに発展したという事例が報告されています。「手軽にお金を稼げる」という事業者の言葉をうのみにせず、次のようなことに気をつけましょう。

 

 ・具体的な仕事内容を一切明らかにしないにもかかわらず「もうかる」と勧誘し、副業を行うためのガイドブックやマニュアルを売りつけようとする事業者に注意しましょう。

 

 ・事業者が返金保証をうたっていても、返金に細かい条件があったり、ガイドブックやマニュアルの代金のみの返金しか対応してもらえないという相談が寄せられています。

 

 ・「お金がないので契約できない」と伝えると「すぐに元が取れる」などと言って、消費者金融での借り入れを指示される場合があります。簡単な作業をしただけでお金を稼ぐことはできませんので、きっぱりと断りましょう。

 

 

相談先

 

阿波市消費生活センター 電話:0883-30-2222

消費者ホットライン 電話:(局番なし)188

 

★消費生活センターでは副業に関するトラブルの他にも、消費者と事業者間のトラブル相談を受け付けています。

 

 

リンク

1日の作業時間が10分程度の簡単な作業で稼ぐことができるなどと勧誘し副業のガイドブックを消費者に購入させ、その後、電話勧誘により高額なサポートプランを契約させる事業者に関する注意喚起(消費者庁ホームページ)

お問い合わせ

産業経済部 阿波市消費生活センター
TEL:0883-30-2222