農作業中の安全対策について

公開日 2021年10月10日

1.趣  旨

  

  農業の機械化が進展する一方で、県内ではここ10年間で毎年、約60件の農作業事故が発生しています。また、全国では農作業事故で毎年約300名もの尊い命が失われている状況にあります。

  このため、農繁期の農作業事故を未然に防止することを目的に、国の「秋の農作業安全確認運動」と連携し、毎年8月から10月を「秋の徳島県農作業安全運動」の実施期間と定め、

  農業者への安全意識の啓発と安全対策の周知徹底を図っています。

  農作業の中でも機械操作を伴うものは、重大事故につながります。普段慣れている作業でも危険が伴うことを再認識していただき、より一層の安全対策をお願い致します。

 

2.重点事項

  

  ⑴ 乗用型トラクター等、農業機械による事故防止

  ・機械の日常点検、定期点検を実施しましょう!

  ・安全キャブ、フレーム付きのトラクター等を使用しましょう!

  ・シートベルトを必ず着用しましょう!

  ・ほ場退出時には安全確認を徹底しましょう!

 

  ⑵ 高齢農業者の事故防止

  ・複数人での作業実施、連絡用携帯電話の常時携行に心がけましょう!

  ・こまめな休息や水分補給を行いましょう!

  ・体調不良時には作業を延期又は中止しましょう!

 

  ⑶ 熱中症予防

  ・こまめな休息や水分補給を行いましょう!

  ・帽子や通気性の良い衣類を着用しましょう!

  ・ハウスや畜舎等の換気などにより、温度上昇の防止に心がけましょう!

 

3.農作業における事故例

  農作業 事故例 [PDF:6.95MB]

 

お問い合わせ

産業経済部 農業振興課
TEL:0883-36-8720

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード