阿波市消防団 救援機動隊が震災対応訓練を実施しました。

公開日 2018年06月28日

 平成30年6月22日、救援機動隊の隊員13名が解体工事前の旧吉野支所分庁舎において、震災対応訓練を実施しました。

 実際の地震災害を想定し、参加した隊員には要救助者や現場の状況など一切の情報を事前に伝えないブラインド型により訓練を行いました。

 

DSCF5403            DSCF5410

①現場周辺の状況観察                                      ②1階部分が座屈している想定で、2階から内部に進入

 

DSCF5415      DSCF5424

③ベーシックサーチにより要救助者の状況を把握                      ④サーチングホールを設定し、階下の状況を確認

 

DSCF5439      DSCF5447

⑤木床組をチェーンソー、ハンマー及び手動の鋸で除去                  ⑥開口位置を決定

 

DSCF5449      DSCF5472

⑦エンジンカッターによる切り込み                                ⑧削岩機とドリルでコンクリートを破壊

 

DSCF5503      DSCF5542

⑨コンクリートの塊を落とさないように除去し、鉄筋を切断                  ⑩設定した開口部から隊員が進入

 

DSCF5543      DSCF2536

⑪要救助者への接触及び止血帯を用いた応急処置                    ⑫三脚と担架で要救助者を引き揚げ

 

DSCF2539      DSCF2554

⑬屋外へ搬出し、救護所へ搬送                                 ⑭要救助者からの情報により、あと1名の要救助者がいると判明し、さらに捜索

 

DSCF2563

⑮1人目と同様に引き揚げ、屋外搬出及び救護所へ搬送

 

 

お問い合わせ

阿波市役所 企画総務部 危機管理課
TEL:0883-36-8703