犬に関すること

公開日 2018年05月31日

犬の登録

生後91日以上の犬を飼うときは、生涯に1度、市町村での登録が義務付けられています。登録は阿波市環境衛生課、各支所地域課または獣医師会所属の動物病院で行えます。

登録手数料は3,000円です。登録後、鑑札を交付いたしますので、首輪に装着してください。(万が一、飼い犬が迷子になった場合は鑑札をもとに飼い主の方に連絡しているため。)

また、鑑札を紛失した場合は新しい鑑札を再交付いたします。再交付手数料は1,600円です。

 

狂犬病予防注射

生後91日以上の犬を飼っている方は、毎年1回狂犬病予防注射を飼い犬に受けさせることが狂犬病予防法で義務付けられています。

阿波市が行っている集合注射(吉野町・土成町は4月、市場町・阿波町は5月、補正注射は秋頃)またはお近くの動物病院で狂犬病予防注射を受けさせてください。

また、狂犬病予防注射を受けますと注射済票を交付いたしますので、首輪に装着してください。

 

犬の登録内容の変更

犬の所在地、犬の所有者の氏名・住所などが変更になった場合は登録事項変更届を阿波市環境衛生課に提出してください。

※阿波市から他市町村に転出されるときは転出先の市町村で届け出をしてください。

 

飼い犬が死亡したとき

登録している飼い犬が死亡したときは犬の登録を抹消いたしますので、犬の死亡届を阿波市環境衛生課または各支所地域課に提出してください。

 

犬の飼い方

「動物の愛護及び管理に関する法律」や「徳島県動物の愛護及び管理に関する条例」では、飼い主の責務について規定されており、周辺住民や通行人に迷惑を掛けないように配慮するマナー、社会的責任が求められています。

・散歩のときは袋やスコップを用意し、フンは必ず持ち帰りましょう。

・放し飼いは危険で迷惑な行為です。犬はつないで飼うか、柵の中や室内で飼いましょう。

 

野犬を増やさないために

〇野犬に対するエサやりは動物愛護とは異なります。

・エサを与えるが、その野犬が巻き起こす危険、迷惑な行為について責任を負わないという行為は無責任ですので、エサなどは与えないでください。

 

〇野犬がエサを得にくい環境を作りましょう。

・野犬の増加を防ぐために、生ごみなどを荒らされないように管理し、飼い犬のエサも放置しないなど、野犬がエサを得にくい環境にすることが大切です。

 

〇犬を捨てる行為は法律で禁じられています。

・動物を遺棄した場合には「動物愛護及び管理に関する法律」で100万円以下の罰金などの罰則が定められています。諸事情により、どうしても飼えなくなった場合は、新しい飼い主を探しましょう。

 

ペットが行方不明になった場合

ペットが行方不明になった場合は阿波市環境衛生課や徳島県動物愛護管理センター、警察署で保護・収容されている可能性があります。

行方不明になった場合は、これらの施設へお問い合わせください。

【連絡先】

阿波市環境衛生課:0883-36-8711

徳島県動物愛護管理センター:088-636-6122

阿波吉野川警察署阿波庁舎:0883-36-7110 

                                         

また、徳島県動物愛護管理センターが行方不明・保護動物についての情報を公開しています。

徳島県動物愛護管理センターが公開している行方不明・保護動物についての情報は次からご覧になれます。

徳島県動物愛護管理センター(公式ウェブサイト):http://douai-tokushima.com/

 

 

お問い合わせ

市民部 環境衛生課
TEL:0883-36-8711