人権擁護委員制度をご存知ですか

公開日 2016年08月22日

 人権擁護委員は、社会の実情に通じ、人権に理解のある地域住民の中から市長が推薦し、法務大臣が委嘱します。

現在、阿波市内には10名の人権擁護地区委員がいます。

 委員は、地域の皆様のなかにあって、人権侵害が起きないように見守り、人権相談や身の上相談を受けたり

各所で啓発活動を行うなど、皆様のいちばん身近な相談者として日々活動しています。

 

 困っていること、悩みごとはお気軽にご相談ください。

 相談は無料で秘密は固く守られます。

 連絡先等の詳細は、徳島地方法務局へお問い合わせください。

 

 

  【お問い合わせ先】   徳島地方法務局  電話 088-622-4171

 

 

 【関連リンク】       徳島県人権啓発活動ネットワーク協議会ホームページ 

 

                  法務省人権擁護局 

 

 

◆人権擁護委員の活動をご紹介します

 

○いのちのリレープロジェクト

 植物の栽培・収穫のサイクルを通じて、いのちが連綿と受け継がれていることを子ども達に体感してもらう

 「いのちのリレープロジェクト」が、阿波市及び人権擁護委員により実施されています。

 

 ・平成28年6月23日(木) 市場幼稚園 ジャガイモの収穫・試食

 

   この日は市場幼稚園を訪問し、ジャガイモの収穫を行いました。

   明け方まで続いた雨も止み、市場幼稚園の園児63名が屋外で元気に活動しました。

   最初に、阿波市人権擁護地区委員会の篠原えり子会長より、「いのちは、ご先祖様から受け継がれてきた

  とても大事なものです。みなさん、いのちを大事にしてください、友達と仲良くしてください」というメッセージがあり

  園児の皆さんは熱心に聞き入っていました。

 

          最初のあいさつ 記事用.JPG

        

   その後、園児の皆さんは畑に移動し、人権擁護委員の指導を受けながら、たくさんのジャガイモを収穫しました。

   このジャガイモは人権擁護委員により蒸かしジャガイモとしてふるまわれ、園児の皆さんは「おいしい」と

  舌鼓を打っていました。

 

        畑での活動1 記事用.JPG  畑での活動2 記事用.JPG

   

     収穫 記事用.JPG   蒸かし1 記事用.JPG

 

・平成28年8月3日(水) 林幼稚園 白ナスの試食

 

 春に植えた白ナスも収穫の時期を迎えました。

 人権擁護委員は、これを余すことなく調理し、子どもたちにふるまいます。

 「いのちをいただく」ことを子どもたちに伝え、その大切さを知ってもらうためです。

  この日は、林幼稚園の子どもたちのために、人権擁護委員が白ナスを用いた料理を作りました。

 

   料理様子.JPG カレー他.JPG

 

  カレー、スープ、サラダ…これらには白ナスの実も皮もすべて使っています。

 

 食事の前に、いのちをいただくことの意味、そして皆のいのちを大切にして欲しいとのメッセージが

 人権擁護委員より園児の皆さんのもとに送られました。

 園児の皆さんは真剣に聞き入っていました。

 

  

  いただきます.JPG   食事中1.JPG

 

 

    食事中2.JPG   ごちそうさまでした.JPG

 

   「いただきます!」「ごちそうさまでした!」「ありがとうございました!」

  元気な声が響き渡る食事会でした。

  園児の皆さんにとって、心に残る一日となったことと思います。

 

○人権座談会

 

・平成29年1月19日(木) 吉野中学校 

 

 吉野中学校福田校長先生をファシリテータ役として、新旧の生徒会メンバー11名と人権擁護委員4名により、人権の大切さについての理解を深めてもらうための「人権座談会」が行われました。

 生徒会のみんなからは、「校内でいじめが発生したらどうするか」、「携帯電話等インターネット上でおこるいじめ問題」など身近におこるいじめ問題などについて、率直なお話を伺うことができました。

 

 座談会では、「いじめをなくして楽しい学校にするために、自分たちはどんなことをしたり、どんなことに注意するか。」「SNSやLINE上でおこるいじめなどの現状や対処」について、活発な話合いが行われました。
 「人を傷つけるようなことを言ったりしない。」「困っている子を見かけたら声をかける。」「勇気を出して正しいと思うことは行動する。」など、相手を思いやる意見が多くありました。また、生徒会として、いじめ問題に対応するための、相談ポストを設置してはどうかというような積極的な意見もありました。

 人権擁護委員からは、いじめが発生したら、まず先生に相談すること、また、法務局にも子どもの人権相談窓口等があることの説明のほか、インターネットの正しいルールと知識を身につけることが必要であると生徒会のみんなに話しました。

 

 DSCN7610.JPG   

 

■子どもの人権相談窓口

 

 ○ 子どもの人権110番    ○ 子どもの人権SOSミニレター

   

 

 

 

 

 

お問い合わせ

市民部 人権課
TEL:0883-36-8716