平成29年度 高齢者用肺炎球菌感染症予防接種のお知らせ

公開日 2017年04月04日

肺炎球菌感染症予防接種とは

 高齢者の肺炎の中で、最も頻度の高い「肺炎球菌」という細菌感染を予防するワクチンです。

 肺炎球菌には、93種類以上の型がありますが、肺炎球菌ワクチン接種により、そのうち23種類に対して免疫をつけることができます。接種により、肺炎球菌による肺炎の7割に効果があるといわれています。

ただし、肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって、重症化防止などの効果が期待されます。

対象者  

1.65歳の方

  【予防接種の特例】平成27年4月1日から平成31年3月31日までの間は、65、70、75、80、85、90、95、100歳となる年度に定期接種(経過措置)として1回接種が受けられます。

  平成29年度の対象者は下の表のとおりです。*対象者には、平成29年4月下旬にお知らせ文書と予診票を個別郵送します 

年齢

生年月日

65歳

昭和2742

昭和2841日生の方

70歳

昭和22年42

昭和2341日生の方

75歳

昭和17年42

昭和1841日生の方

80歳

昭和12年42

昭和1341日生の方

85歳

昭和 7年42

昭和 8年41日生の方

90歳

昭和 2年42

昭和 3年41日生の方

95歳

大正11年42

大正12年41日生の方

100歳

大正 6年42

大正 7年41日生の方

  

※平成31年4月1日からは、その年度に65歳になる方のみが対象者となります。

 

2.60歳以上65歳未満で特定の疾患を有する方

  ※心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

  接種を希望の場合は、健康推進課へご連絡ください。予診票をお送りします。

3.対象者から除外される方:これまでに、23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(ニューモバックスNP)を1回以上接種したことがある方は、当該予防接種を定期接種として受けることはできません。 

接種方法  1回接種。去に当予防接種を受けた方は接種できません。)

接種期間  平成29年4月1日から平成30年3月31日まで 

接種費用  4,000円(生活保護受給者は無料)

持参物

 1 本人の確認できるもの(保険証、運転免許証など) 生活保護受給の方は、生活保護受給証明書

2 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種実施のお知らせ(下部に高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種済証があります)

3 予診票(藤色)

 4 4,000円(生活保護受給者は無料)      

実施場所  徳島県内の予防接種委託契約医療機関等(希望の医療機関へお問い合わせください)

阿波市内で予防接種できる医療機関一覧  

吉野町  中山医院 088-696-4662
大久保医院 088-696-2037
土成町    乾内科外科 088-695-5006
大野病院 088-695-2112
御所診療所 088-637-8033
金塚内科 088-695-5858
市場町      阿波病院 0883-36-5151
小笠原医院 0883-36-2030
近藤医院 0883-36-2011
赤池循環器消化器内科 0883-36-6565
太田診療所 0883-36-2076
大久保内科 0883-36-3020
阿波町        村上医院 0883-35-6410
林内科医院 0883-35-6226
西川内科クリニック 0883-35-8080
笠井病院 0883-35-2720
森下医院 0883-35-5656
賛広診療所 0883-35-2107
おおつか内科 0883-35-6070
重清内科外科 0883-35-6160

 

 

★ 予約をしましょう ★

  予防接種を受けるときは、希望の医療機関に事前に連絡し、

  阿波市の予診票が使えるかどうか確認してから、接種予約をしてください。

 

※肺炎球菌ワクチンは、不活化ワクチンですので、どのような予防接種も接種翌日から6日以上あけて接種してください。

※予診票をなくした場合は、再交付できますので健康推進課へご連絡ください。コピーした予診票は使えません。

 

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
TEL:0883-36-6815