あわ北「新市まちづくり計画」の変更について

公開日 2015年04月01日

  

あわ北「新市まちづくり計画」は、旧吉野町・旧土成町・旧市場町及び旧阿波町の合併による新市の建設を総合的かつ効果的に推進することを目的に、いわゆる「旧合併特例法」の規定に基づき、平成16年6月に作成したものであり、当初の計画期間は、平成17年度から平成26年度までの10か年でした。しかし、合併後のさまざまな状況を考慮し、平成23年12月に新市まちづくり計画の変更を行い、計画期間を平成27年度までの11年間としました。

一方、国においては平成24年6月に東日本大震災を契機として新たな法律が施行され、合併後10年とされていた合併特例債の発行可能な期間が最長5年間延長されることとなりました。

本市では引き続き新市まちづくり計画に掲げる事業を実施していくためには、他の地方債に比べ普通交付税措置が有利である合併特例債を活用することが得策と考え、新市まちづくり計画の変更をしました。

 

 

主な変更事項

 計画期間の変更(「平成27年度まで」を「平成32年度まで」に)

 期間延長に伴う財政計画の変更

・事業内容の一部変更 

 

 

新旧対照表(476KBytes)

 

 

あわ北「新市まちづくり計画」H27.3変更(14.6MBytes)

お問い合わせ

阿波市役所 企画総務部 財政課
TEL:0883-36-8702

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード