個人情報保護制度について

公開日 2011年04月01日

市では、市民の皆さま一人ひとりに関する個人情報をもとにさまざまな業務を行っています。

個人情報保護制度は、情報化の進展に伴い、個人情報をより適正に取り扱うためのルールを定めるとともに、市民が自分の情報を確認したり、自分の情報に誤りがあれば訂正の請求ができるなど、市民のプライバシー保護をはかるための制度です。

 

●個人情報とは

個人に関する情報で、特定の個人が識別され、または識別され得るものです。具体的には、氏名、住所、生年月日、学歴、職歴、所得、心身の状況など、特定の個人に関するすべての情報をいいます。

 

●開示を実施する機関(実施機関)

市長、議会、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、水道事業者

 

●個人情報の開示を請求できる方

どなたでも、自分に関する個人情報の開示の請求をすることができます。

 

●個人情報の開示を請求する方法

所定の様式(各実施機関にあります)に、住所、氏名、個人情報の内容などを記入して、総務課または、関係する課へ請求してください。(請求するときには、免許証など本人であることを証明できる書類が必要です。)

 

※なお、この制度による開示を待つまでもなく、本人に開示等を行っている情報もありますので、一度担当課にご相談下さい。

関連ワード

お問い合わせ

阿波市役所 企画総務部 企画総務課
TEL:0883-36-8700・8707